ga_ev.jpg
ev_ima.gif
・うれしいもの・おいしいもの市 出展者さん紹介 その1

 

tomotake
トモタケ(朝武雅裕・朝武広子)は泥染、刺繍、パッチワーク等、
布を主な素材としたものづくりをしています。
アイテムを限定せずに、自分達が染めや刺繍を施した布が色々なものに形を変えながら
様々なシーンにとけ込んでいく様子を楽しみながら作っています。
皆様の生活の一部にトモタケの布が彩りを添える事が出来たら幸いです。

*ご夫婦で一緒にものづくりを楽しんでいらっしゃるトモタケさん。
初めて作品を見たときは泥染の何とも言えない色合いの中に物語を感じました。
素敵なテキスタイルにきっと皆さんも癒されるはず。
今回は、コースター、ティーマット、ポストカードブック、シュシュ、Tシャツ(こども用とおとな用)、bagなど をご用意して下さいました。


oru.
裂き織りとは、布地を細長く裂いてよこ糸にし、
麻や木綿糸をたて糸にして織った織り物です。

毎日のお出かけや、旅のお供に。
一緒にいろんな所へ連れて行ってあげてください。
そんな気持ちを込めて、大切に織っています。

*いつか頂きたいな~と思っていました、oru.さんのバッグ。
絶妙な色の組み合わせでいろんな表情を持つ裂き織。
カジュアルにもちょっとキレイ目なお洋服でも合わせやすいです。
うちポケットも裂き織ですごく可愛いのでぜひこの機会にご覧下さいね。  
少しずつですが、お店でお取り扱いさせていただけることになり、初お目見えの場として今回のイベントに参加して頂くことになりました。
 



optimistic(池田優子)

optimisticという屋号で器作りをしています。

もともと器だけでなく食を演出するものやキッチンまわりのものが
どうにも好きで、それはやはり食いしん坊だからだと思います。
毎日の「食べる」を楽しんでもらえる器を作って行きたい。
いつもそう思います。
食べる事は毎日の事。
それを彩る器を作る仕事がとても好きです。

*お店で作品をお取り扱いさせて頂いています、optimisticさん。
ご自宅で土曜日だけのアトリエショップを開いていらっしゃいます。
昨年、堺のクラフトフェア”灯人の集い”に出展されて初めてお会いしましたが池田さんは美人ですごく 素敵な方。
女性ならではの感性で器づくりをされています。
池田さんの器を取り入れたライフスタイルもとっても素敵ですよ。
今回は、中皿やカップを中心に作品をご用意して下さいました。
関東で一度に沢山の作品をご覧頂ける機会があまりありませんので、是非に!



orange bitter chocolate (小林朋美)
織り小物・織り布(スカーフ、マフラー)などを制作しています。

ふだんの生活の中で少しプラスすると楽しくなるようなものができたら・・・と心がけて作っています。
ティータイムに使えるマットやコースターなどが主な作品です。

*小林さんの作品は北欧っぽい雰囲気のデザインと繊細さに心を奪われた程の素敵さ。
念願かなってお取り扱いさせて頂ける事になりました。
今回のイベントが初お披露目。
本当に素敵な小林さんの織りの世界にきっと皆さんも魅了される事と思います。  
  



小匙(季節のジャム)

旬の果物や野菜でシンプルなジャムを作っています。
パンはもちろん、いろいろな素材と合わせておやつにお料理に。
ご自由にお楽しみください。

販売予定品
・レモンカード
・はっさくマーマレード
・ビターキャラメルクリーム
・いちじく赤ワイン
・黒豆ジャム

*昨年のフリポンイベント、fri*fri petite marcheなどでも大人気でした小匙さんのジャム。
イベントでお買い求めいただいて、それ以来通販でリピートをされるようになりすっかり小匙さんファンになったというお声も沢山お店で聞かせて頂いています。
今回の販売より、瓶のサイズが小さめのサイズに変更になりましたので、いままでより沢山の種類をお試し頂けるようになるのではと思います。
イベント3日間通して販売しますが、数量限定のため売り切れ次第終了となります。
また、20日(木)には、小匙さんの坂崎さんが来て下さいまして、また試食販売をして下さいます。
楽しみですね。

Categoly

Archive