ga_sakka.jpg
bar_sa.gif 作り手の紹介。
s-0930s-0930IMG_6133.jpg
トモタケ

“トモタケ”とは、布を主な素材として作家活動をしている朝武雅裕とデザイナーである朝武広子の夫婦が一緒にものづくりをしている時の名称です。二人が一緒にものづくりをはじめたのは、雅裕が作っていたアートとしての作品を身近なものに置き換えて、自然に景色として生活の中に取り込みたいという思いから、作品で扱う事の多い泥染の布を使ってまず普段持ち歩く鞄を作ってみたのがきっかけです。
アイテムは限定せずに、自分達が染めや刺繍を施した布が色々なものに形を変えながら様々なシーンにとけ込んでいく様子を楽しみながら作っています。
皆様の生活の一部にトモタケの布が彩りを添える事が出来たら幸いです。

一覧に戻る